労働相談、労働問題、社会保険の事ならさいたま市の荒祐子労務事務所へ

メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土・日・祝、年末年始

よくある質問

  • 労働相談や労務相談は可能ですか?

    労働に関して困ったことがあったら、まずお気軽にご相談ください。

    どこに相談したらいいかわからないといったことも多いので、初回は無料で対応いたします。

  • 相談だけの顧問契約もできますか?

    相談だけでも可能です。

    会社を経営するということは、重大な判断が必要になることも多くストレスが溜まります。
    相談するだけで解決に向かうことも多いので、是非お気軽にご相談ください。

    また、法改正により頻繁に法改正のある煩雑な業務の一つとなっている、
    社会保険労働保険の手続き業務も代行することができます。

    事業主にとっても従業員にとっても環境のいい職場となるよう
    貴社に合った「社員にやる気を起こさせるヒントになるような制度」の構築もご提案いたします。

    身近な職場の相談相手として是非ご活用ください。

  • どんな仕事を依頼できるのですか?

    会社の人事・労務全般をお任せください。

    労働法の専門知識を生かして、労働法や労務管理に関しての相談に応じたり、
    法律に基づいて業務を行いますので、お客様に常にメリットになるような助言ができます。

    お気軽にご相談ください。

  • 社会保険労務士に依頼するメリットは何ですか?

    当事務所は、従業員を雇用する・・・等人事・労務管理全般に関して、気軽に相談できる
    会社のパートナーです。

    職場トラブルを未然に防止することができたり、万一トラブルが発生した場合でも
    常に会社の発展のために中立な立場でアドバイスを行ない、円満な解決を心がけています。

    お気軽にご相談ください。

  • 「有給休暇を与えた途端、退職の申し出が…」

    顧問先からのご相談で、
    「2月1日に丁度1年間勤めた社員のAさんに、法律どおり10日の有給休暇を付与したところ、
    2月20日に「今月いっぱいで退職したい」と申し出があり、
    同時に有給休暇取得願いが2月28日まで出されました。
    こういう場合も、有休はとらせるべきですか?」

    「有給休暇は過去の実績で法律上当然に発生してしまうので、与えないことはもとより、
    今後の在籍に応じて按分して、減らして与えることもできません。
    労働者が日を指定すれば、休まれても給料を支払わなければなりません。
    事業主は業務の都合により、日の変更をすることはできますが、
    このケースでは退職してしまうのでそれもできません。
    ただ、1年という短い期間でも、同じ釜の飯を食った同士です。
    お互いに相手のことも考えて、条件等で折り合うことが必要だと思います。」

    とアドバイスいたしました。

1 / 212
お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~17:00 定休日:土・日・祝、年末年始

新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【荒祐子労務事務所】

〒331-0071
埼玉県さいたま市西区高木584-8

048-747-4601

さいたま市の社会保険労務士「荒祐子労務事務所」です

労働相談、労働問題、社会保険の事ならさいたま市の荒祐子労務事務所へご相談ください。労務管理のプロフェッショナル、社会保険労務士の荒祐子が皆さまのご相談に丁寧にお答えします。

サイトの保護について

このサイトはSSLで保護されています

リンク

SRアップ21