労働相談、労働問題、社会保険の事ならさいたま市の荒祐子労務事務所へ

メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土・日・祝、年末年始

退職金不支給の違法性とは

2016年02月09日 3時05分

退職金は、支払い条件が明確であれば労働基準法11条の「労働の対償」としての

賃金に該当します。

その法的性格は、賃金後払い的性格、功労報償的性格、生活保障的性格を併せ持ち、

個々の退職金の実態に即して判断しなければなりません。

たとえば、賃金後払い的性格からすれば、懲戒解雇のケースでしばしば登場する

「退職金没収」は法違反となってしまいますが、功労報償的性格に立てば、退職時に

使用者が勤務の再評価を行った結果として認められることになります。

しかし、濫用は許されず、勤続の功を抹消してしまうほどの顕著な背信が認められる

場合にのみ有効とされています。

 

 

情報/労働新聞社

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~17:00 定休日:土・日・祝、年末年始

新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【荒祐子労務事務所】

〒331-0071
埼玉県さいたま市西区高木584-8

048-747-4601

さいたま市の社会保険労務士「荒祐子労務事務所」です

労働相談、労働問題、社会保険の事ならさいたま市の荒祐子労務事務所へご相談ください。労務管理のプロフェッショナル、社会保険労務士の荒祐子が皆さまのご相談に丁寧にお答えします。

サイトの保護について

このサイトはSSLで保護されています

リンク

SRアップ21