労働相談、労働問題、社会保険の事ならさいたま市の荒祐子労務事務所へ

メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土・日・祝、年末年始

社内貸付金と退職金相殺

2015年12月08日 1時18分

賃金の過払いがあった場合、会社は損害賠償を請求できます。
ただし、賃金は全額払いという原則があるため、労使協定がある場合を除いて
賃金との相殺はできません。社内貸付金制度のある会社では、貸付金を退職金の
支払い時に返還してもらう仕組みとしているところが多いですが、相殺は
できるのでしょうか。
退職金は支払い条件が明確であれば労基法11条にいう「労働の対償」としての
賃金に該当します。これを踏まえると相殺は不可能ということになりますが、
労働者の同意を得て行う退職金との相殺は、労働者の自由な意思に基づいて
されたということが、客観的に認められれば全額払いの原則に違反しません。
円満退職ばかりではないので、貸付金契約はきちんとしておきましょう。

情報/労働新聞社

お気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~17:00 定休日:土・日・祝、年末年始

新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容一覧

業務内容の一覧へ

当事務所のご案内

【荒祐子労務事務所】

〒331-0071
埼玉県さいたま市西区高木584-8

048-747-4601

さいたま市の社会保険労務士「荒祐子労務事務所」です

労働相談、労働問題、社会保険の事ならさいたま市の荒祐子労務事務所へご相談ください。労務管理のプロフェッショナル、社会保険労務士の荒祐子が皆さまのご相談に丁寧にお答えします。

サイトの保護について

このサイトはSSLで保護されています

リンク

SRアップ21